卒乳後35歳過ぎにバストアップ成功!育乳ブラ・ナイトブラを紹介。

レッツバストアップ!

卒乳後の育乳

妊娠中の乳首の黒ずみは戻るから大丈夫!

更新日:

妊娠中の乳首・乳輪の黒ずみは戻るから大丈夫!保湿だけやっておけばok。

妊娠中の乳首の黒ずみ、ちゃんと戻るのか気になりますよね?

妊娠中って体のいろんなところが変化します。

変化する度合いは人それぞれらしいので、あまり変わらなかった…という方もいるかもしれませんが、よく言われている変化はこんなことです。

  • シミが増える、濃くなる
  • 乳首・乳輪が黒ずむ
  • お腹に毛が生える
  • 肌荒れ・乾燥肌になりやすい
  • 妊娠線ができる
  • 足がむくみやすい

私の場合は↑に書いたことの中で、妊娠線以外は全て起こりました

特にシミや乳首の黒ずみはかなりはっきりと変化!

赤ちゃんがお腹で大きく育ってくれるのは嬉しいけど、シミが増えたり、乳首が黒くなるのはやっぱりイヤ。

でも妊娠中はどうしようもありません。

こんな方におすすめ

  • 妊娠中の乳首の黒ずみは戻るのか気になる
  • 妊娠中の乳首が黒くなった!

妊娠中の乳首の黒ずみは産後に戻る?

妊娠中の乳首の黒ずみは産後に戻るのか?気になりますよね!

kei
答えはイエス!妊娠中の乳首の黒ずみや、他にも妊娠の影響で変化したほとんどのパーツは産後に戻りました。

妊娠中の体の変化は、ほとんどがホルモンの影響と言われています。

それが出産後には落ち着くので、産後は自然と元の体に戻ります

私もお腹の毛は全く消えましたし、むくみや肌荒れも治りました。

産後半年くらい経つと、黒ずんでいた乳首の色もすっかり元通りに。

顔のシミも完全には戻っていないけど、薄くなってきました。

こちらの記事もチェック!

妊娠中の乳首の黒ずみは自然に戻るけど保湿はしよう!

妊娠中に変化した乳首の黒ずみや他のパーツは、産後に時間をかけて自然と戻っていきます。

放っておいても平気ですが、変化したパーツをより早く綺麗に戻すためには保湿が欠かせません

妊娠中の乳首の黒ずみは自然に戻るけど保湿はしよう!

特にシミや黒ずみは皮膚のターンオーバーが関係してくるので、保湿することで再生しやすくなり、より早く戻ります。

大きくなったお腹の皮も、保湿をすることでより早く綺麗に戻りますよ。

乳首の黒ずみ対策!バストの保湿をするならバストアップクリームがおすすめ

妊娠中に黒ずんでしまった乳首の色を早く戻したい時も、保湿が必要です!

バストの保湿はお風呂上がりに行えばOK。

保湿をするときにおすすめなのは、バストアップクリーム。バストアップ効果が期待できるバストアップクリームを使って、バストアップもしちゃいましょう!

kei
愛用中のバストアップクリームはこちらです。

バストアップの神様と呼ばれる、神長アイリーンさん監修のバストアップクリームです。

使うと、すぐに肌のキメが整って、ハリが出るのにふわふわになりますよ♪

今なら、定期コースが30%オフで送料も無料!


バストの神様!神長アイリーンプロデュースのバストケアクリーム【マニグランド】

授乳をしている方におすすめの保湿はオイル

バストアップクリームは授乳中は使えません。なので、授乳をしている方は、赤ちゃんが舐めても大丈夫なオイルなどを使って保湿してくださいね^^

どうしても妊娠中の乳首の黒ずみが気になるなら美白クリームを試してみよう!

産後は自然と戻るといっても、どうしても妊娠中の乳首の黒ずみが気になる場合は、デリケートゾーン専用の美白クリームをお勧めします!

全身に使えるので、乳首だけでなく、肘・膝・顔・VIOなど気になるところならどこでも塗ってOK。

1本あると、重宝しますよ^^

全身の美白に使えるイビサクリームについて詳しく見る>>

\応援してね!/
PVアクセスランキング にほんブログ村

-卒乳後の育乳

Copyright© レッツバストアップ! , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.