卒乳後35歳過ぎにバストアップ成功!育乳ブラ・ナイトブラを紹介。

レッツバストアップ!

バストアップ豆知識

ノーブラで寝るメリットとデメリット。就寝時はノーブラ派ですか?

投稿日:2019年10月6日 更新日:

ノーブラで寝るメリットとデメリット。就寝時はノーブラ派ですか?

「夜寝るときはノーブラ!」という方、多いですよね。

私もずーっと寝るときはノーブラで寝ていました。ブラをつけて寝るなんて、苦しそうだし信じられないと思っていたんです。

でもノーブラで寝ると、メリットよりもデメリットの方が気になることが多く、毎晩ナイトブラ を使うようになりました

このページでは、ノーブラで寝ることのメリットとデメリットを書いています。ナイトブラを使ったことのない方や、ノーブラで寝ている方に是非読んでいただきたい内容です。

寝る時にノーブラのメリット

寝る時にノーブラのメリット

kei
ノーブラで夜寝ることで得られるメリットをまずご紹介!

体を締め付けないからむくみや冷えを起こしにくい

寝るときに体を締め付けるものを身につけないことで、血行やリンパの流れを邪魔しないから、むくみや冷えなどが起きにくくなります

リンパが滞ると、体内の不要なものを体外に排出できなくなり、美容にとっても結構にとってもよくありません。

そのため夜寝るときは、ブラだけでなく、ショーツや靴下など、締め付けが強すぎるものは使ってはいけないのです。

下着の跡がつかない

下着は付けていればどうしても跡がつきます。

洋服を着てしまえば後は見えないけど、服を脱いだときにくっきり跡が付いてるのって、ちょっと恥ずかしいですよね…

彼氏やパートナーに見られたり、旅行先で朝風呂に入ったり、水着になるシチュエーションでは、朝から跡が付いてるのは避けたいですね。

痒みやかぶれの元にならない

肌が弱い方は、下着が擦れて肌荒れを起こす場合も

寝ている間は汗をよくかくし、蒸れやすくなるので、肌荒れを起こす方も多いのです。

肌荒れしやすい方は、コットン素材やレースを使っていないタイプの下着がおすすめですね^^

寝る時にノーブラのデメリット

寝る時にノーブラのデメリット

kei
デメリットもいくつかあるのでチェック!

垂れ乳、離れ乳になりやすい

バストは寝ている間に潰れたり、横に流されたりと、実はかなり動かされています。

バストって脂肪でできていて筋肉がなくて柔らかい部位なので、激しい動きや変な体制が続くと、形が変形してしまうことも。

特に30歳を超えるとバストのハリがなくなり、柔らかくなるので、より一層形が変わりやすく、垂れ乳や離れ乳になることがあります

クーパー靭帯が傷つきやすい

クーパー靭帯とは、90%が脂肪でできているバストを支えている組織のこと。

激しい動きやバストが揺れることでクーパー靭帯傷つき、一度伸びたり切れたりすると二度と戻らない特徴があります。

だから寝ている間にバストが動くと、クーパー靭帯は傷つく可能性が。少しでもバストが余計な動きをしないように、クーパー靭帯を守らないといけないのです。

バストが小さくなることがある

私の見解ですが、バストは加齢とともに、垂れるタイプと小さくなるタイプに分かれます。

もともと大きめのバストの方は垂れていき、小さめのバストの方はより小さくなるんです。

ノーブラで寝ていると、垂れやすくなるのは前途した通り。でも小さめのバストの方がノーブラで寝ている場合、バストが流れてしまうような体制でいると、バストが小さくなる場合もあるようです。

ナイトブラの必要性

ナイトブラの必要性

ここまで読んでいただけたら、ノーブラで寝るとデメリットは甲乙つけ難いように感じますよね。

ですが、私は30歳を過ぎたら就寝時はナイトブラを使った方がいいと思ってます!なぜなら20代と30代では、明らかにバストの質が変わるから。

加齢によるバストの変化のステップ

加齢によるバストの変化のステップ2

特に出産を経験した方は、その変化が顕著。バストは30歳をこえると、若い頃のようなハリと弾力がなくなって、すごく柔らかくなります。柔らかくなるから、まん丸な形からいびつな形に変化。実際にバストが垂れる上に形も変わって、余計に垂れてサイズダウンしたように見えます。

ナイトブラは就寝時に動きすぎるバストを守るので、垂れやすくなった大人女性には絶対に必要なアイテムなのです。

今よりもバストが垂れるのを防ぐために、ぜひナイトブラを使いましょう!

ナイトブラを使うメリット

ナイトブラを使うメリット

就寝時にナイトブラを使うと、たくさんのメリットがあります。

  • 形が整い、垂れ乳・離れ乳の防止になる
  • バストが小さくなるのを防ぐ
  • バストの保湿ができる
  • 睡眠の質が上がる

形が整い、垂れ乳・離れ乳の防止になる

ナイトブラを使うことで、寝ている間も綺麗なバストの形をキープ!だからバストの形が整って、垂れ乳や離れ乳を防げるんです^^

バストが小さくなるのを防ぐ

寝転がっていてもバストが横に流れないようにしっかりサポートするから、バストの脂肪が流れてしまって小さくなるのを防ぎます!

バストの保湿ができる

皮膚は乾燥するとたるみやすくなります。それは顔だけでなく、バストも同じ。バストも潤いがある方がハリがあって、弾力も増すんです。

バストをすっぽり覆うタイプのナイトブラをつければ、寝ている間のバストの保湿もアップ!

手袋をして寝ると手が綺麗になるように、バストも包んで寝ると、綺麗な肌へと生まれ変わります^^

睡眠の質が上がる

これは意外に思われる方が多いですが、ナイトブラをつけた方が眠りが深くなったり、快眠になるという方は多いのです。

実は私もその一人で、ナイトブラをつけてから夜中に目が醒めることが減りました!

多分寝返りを打った時にバストが動かないから、眠りを邪魔しないのかな?と感じます。

ナイトブラを使い始めてわかりましたが、寝ている間ってすごいバストは動いているんです。これは今まで気にしていなかったけど、こんなに動いていたら、そりゃ色々弊害があるよね...と思いました。

おすすめのナイトブラを紹介中!

私が使ってよかったバストアップアイテム▶︎

ナイトブラが苦しいと感じる理由

ノーブラで寝るメリットとデメリットについて説明してきましたが、デメリットが多いにもかかわらずナイトブラを使っていない人が多いのは、ナイトブラが苦しいと感じている人が多いから。

でもちゃんと体に合ったナイトブラをきちんと選んで使っていれば、苦しくなくて、むしろ快適に寝やすくなるものなんです。

ここではナイトブラが苦しいと感じる、よくある理由について説明します。以下に該当する方は要チェック!

ナイトブラが苦しいと感じる理由

  • サイズが合っていない
  • つけかたが間違っている
  • 寝る前に熱いお風呂に入っている
  • 体調不良

サイズが合っていない

ナイトブラはワンサイズ展開しかないものもあり、サイズが合っていないのに使い続けている方がよくいます。でも体型は人それぞれに違うので、誰にでも合うナイトブラなんて存在しないんです。

だから私は、なるべくサイズ展開が豊富なナイトブラを使うようにしています。最低でもS,M,Lと3種類以上のサイズがあるのが望ましいですね。できればもっとサイズが豊富だとなお良し

サイズも豊富で使いやすい、おすすめのナイトブラを紹介中!

私が使ってよかったバストアップアイテム▶︎

つけかたが間違っている

ナイトブラはホックがついていないものが多いので、上から被ってつけるのではなく、足から履くようにするタイプがほとんど

下から履くことで、バストを持ち上げることもできるし、体にフィットしやすくなるんです。

寝る前に熱いお風呂に入っている

寝る直前に熱いお風呂に入り、温まった体のまま寝ている方は要注意。体が熱くなりすぎると、息苦しさを感じることがあるからです。

良い睡眠のためには、寝る90分前にお風呂に入るのが良いと言われています。

温まった体は90分かけて平常に戻るので、ちょうど良い体温で眠りにつくことができるんですね。

体調不良

生理前や妊娠中は胸が張ったという体験をしたことはありませんか?体調によって体が変化するのは誰にでもあることです。

そのためナイトブラがどうしてもきつくて苦しい!という方は、体調に問題がないか気をつけてみましょう

喘息アレルギーなどがあると、胸を締め付けるのは良くない場合もあるので、そのような方は無理をせず、医師に相談してみてください。

 

\応援してね!/
PVアクセスランキング にほんブログ村

-バストアップ豆知識

Copyright© レッツバストアップ! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.